気になる情報を発信していきます!

東尋坊の観光客の転落事故は?自殺の名所の真相!

2019/07/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
チョコが大好きチョコ助です! 趣味はドライブ、スイーツ巡り、スポーツ観戦です! 好奇心旺盛で気になることはつい調べたくなってしまいます。 いろんな情報発信出来たらいいなと思います!

12月8日のブラタモリで福井県の観光名所「東尋坊」が舞台となります。東尋坊は絶壁の景色で観光名所として有名ですが、危険な場所でもあるため、転落事故自殺の名所という話題も絶えません。

今回はそんな東尋坊の実態について調査したいと思います。

スポンサーリンク

 

東尋坊の転落事故は?

東尋坊は観光名所としても有名で、年間約120万人の観光客が訪れるスポットです。北陸新幹線が開通後は約147万人と大変人気の観光スポットです。

しかし、断崖絶壁であるがゆえに、かなり危険な場所でもあります。油断をすると崖の下に落ちてしまいかねません。

これだけの観光客が訪れるので、転落事故などが無いか気になります。

東尋坊の事故は2005年に発生しています。遊歩道脇のくいにつけられているチェーンに腰掛けていたところ、チェーンの留め具が外れて15メートル下の岩場に転落したという事故がありました。幸い命に別状はありませんでしたが、骨盤骨折という重症でした。

ですが崖の上から滑って落ちたというニュースはありませんでした。崖の上は転落防止の柵があるわけでもありません。誤って転落してしまう人が多ければ、転落防止の柵などの安全対策が施されているはずです。

しかし、自殺者は多くいます。次は東尋坊での自殺について見ていきたいと思います。

 

自殺の名所として

東尋坊は観光名所であると同時に、自殺の名所としても有名です。

東尋坊の自殺者は過去40年間で年間平均20人とされています。年間で20人もの人が亡くなる場所というのはすごいですよね。

東尋坊での自殺をなくすための団体が存在します。NPO法人「心に響く文集・編集局」です。こちらの代表である茂幸雄さんは福井県警のOBで、定年退職後に同法人を立ち上げました。

パトロール活動を開始してから、自殺者は平均の20人を切っており、2014年は過去最小の7人となっています。

それでもなお自殺者は存在するので、現在でも自殺の名所として知れ渡っています。

なお自殺者の9割は福井県外の人ということです。

しかし、自殺者を減少させるあるゲームが登場しました。

 

自殺者を減らしたゲームとは?

実は、とあるゲームがリリースされてから自殺者数が減少したということです。

そのゲームは大ブームを巻き起こした「ポケモンGO」です。リリース当時は、こぞってポケモントレーナーたちがレアポケモンを探して街に繰り出していましたよね。

そのポケモンGOがなぜ自殺者を減らしたのでしょうか。

東尋坊でレアポケモンが出現するという情報が流れました。有名な観光スポットでレアポケモンが出やすいという情報が多く出回っていたので、東尋坊ももれなくそのような情報が出ました。

ポケモンGOをやっているポケモントレーナー達が多く押し寄せ、結果的にはレアポケモンを探す人たちが監視のような形になり、自殺の抑止力になったということです。

このポケモンブームにより、自殺者が減るという意外な効果が出ました。

しかし、ポケモンGOでスマホ画面を見すぎると、転落の恐れがあるので、東尋坊でプレイする際はくれぐれも足元に注意してください。

 

 

東尋坊の公衆電話

東尋坊には、心霊スポットといわれている場所も存在します。それは、東尋坊に置かれている公衆電話です。霊を見たという目撃情報もあります。

しかしこの公衆電話、実際のところは自殺を思いとどまらせる目的で設置されています。電話ボックスの中には、自殺を踏みとどまらせる温かいメッセージが掲示されています。

そしてそのメッセージを読んで大切な人を思い浮かべ、一緒に書かれている救いの電話にかけてもらうことで防ぐ役割があります。

実際に訪れた際は、怖がらずに電話ボックスの中を覗いてみると、温かい気持ちになると思います。

 

 

東尋坊へのアクセス

東尋坊の地図はこちらです。

  • 自動車 

北陸自動車道 加賀インターより約35分

北陸自動車道 金津インターより約25分

  • バス

京福バス JR芦原温泉駅より約40分(89系統 金津・東尋坊線)

 

東尋坊の紹介VTR

東尋坊の公式の紹介動画です。

観光に訪れる際は、こちらを一度見ていくことがおすすめです。

 

 

まとめ

今回は東尋坊の転落事故と自殺の名所といわれる真相についてまとめてみました。

東尋坊から眺める絶景は非常に素晴らしいので、ぜひ一度行ってみることをオススメします。その際は、転落しないように十分注意してください。

また自殺者が後を絶ちませんが、今後減少してほしいですね。自殺は周りの人たちが一番悲しみます。過去に2人友人を自殺で失くしているので、その気持ちは痛いほど分かります。

自殺だけはしてはいけません

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
チョコが大好きチョコ助です! 趣味はドライブ、スイーツ巡り、スポーツ観戦です! 好奇心旺盛で気になることはつい調べたくなってしまいます。 いろんな情報発信出来たらいいなと思います!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© チョコ助のニチブロ , 2018 All Rights Reserved.