杉浦秀樹容疑者の顔画像!事件の場所や傷害の動機は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

15日、名古屋市北区で75歳の母親の顔を殴った傷害の疑いで、息子の杉浦秀樹容疑者(45)が逮捕されました。

杉浦秀樹容疑者は母親を繰り返し殴った動機はなんだったのか。

今回は杉浦秀樹容疑者の顔画像や、母親を殴った動機、事件のあった場所について見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

杉浦秀樹容疑者の母親傷害事件の概要

引用元:東海テレビ

まずは、杉浦秀樹容疑者の傷害事件の概要です。

5月15日午後10時半ごろ、自宅で同居する母親の典子さん(75)の顔を2、3回殴る暴行を加え、打撲を負わせた傷害の疑いが持たれています。

事件の翌朝、杉浦容疑者の父親が119番通報し、典子さんはその後、死亡が確認されました。

引用元:東海テレビ

杉浦秀樹容疑者は母親の顔を2、3回殴り、母親は死亡してしまったということです。

翌朝に父親が通報し、事件が発覚しますが、杉浦秀樹容疑者は無職ということで、両親と同居していたものとおもわれます。

 

杉浦秀樹容疑者のプロフィール

 

杉浦秀樹容疑者のプロフィールについてです。

名前杉浦秀樹
年齢45歳
職業無職
住所名古屋市北区

 

杉浦秀樹容疑者の顔画像について

杉浦秀樹容疑者の顔画像についてです。

今回、杉浦秀樹容疑者の顔画像については、確認することはできませんでした。

またSNS等でも、本人と断定できるアカウントは見つかりませんでした。

今後新しい情報が分かり次第、更新したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

杉浦秀樹容疑者の犯行の動機

杉浦秀樹容疑者が母親を殴った動機について見ていきたいと思います。

杉浦秀樹容疑者は犯行について、

「母親の介護でイライラした」

と供述し、自分が殴ったと犯行を認めています。

いわゆる介護疲れによるストレスがピークに達していたようです。

近年は、高齢者の割合が増え、親の介護で介護疲れが問題になることが多々あります。このような事件を見ると、悲しい気持ちになりますね。

数回殴ったということですが、もしかしたら殺意はなかったのかもしれません。その時の感情が高ぶり、暴力となってしまった可能性もあります。

 

杉浦秀樹容疑者の事件の場所

杉浦秀樹容疑者は自宅で母親を殴ったとされ、場所は名古屋市北区と報道されています。

名古屋市北区の地図はこちらです。

これ以上の情報はなく、場所を絞ることはできませんでした。

こちらに関しても、新しい情報が分かり次第、更新したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

杉浦秀樹容疑者 介護疲れの現状

杉浦秀樹容疑者は介護疲れが原因で事件を起こしてしまいましたが、近年たびたび話題となる介護疲れの現状についてまとめたいと思います。

厚生労働省の「平成28年度 国民生活基礎調査 介護の状況」のデータによると、同居者に対する介護者の悩みやストレスを抱えている割合が男性62.0%女性72.4%と、約7割近くの方々が悩みやストレスを抱えているとされています。

そして、介護者の悩みとしては、「家族の病気や介護」であり、こちらも約7割ということで、ダントツの一番の悩み、ストレス要因となっています。介護することがストレスという結果ですね。

さらに在宅介護では、介護に要する時間が半日もしくは終日かかるという割合が約半数ほどとなっており、自由な時間も取りづらいという現状です。

対策としては、施設への入居などが挙げられます。

しかし、費用が高額となって金銭的負担が増額することも懸念され、介護疲れの効果的な対策が難しい部分もあるという状況です。

 

杉浦秀樹容疑者の事件のネット上の反応

杉浦秀樹容疑者の事件に対するネット上の反応です。

  • 介護疲れはすごく分かります。
    介護度がどの程度だったのか分かりませんが、介護サービスを受けるにも限りがあります。
    ホームに入れていたら違ったのかも知れないが、ホームに入るだけでもお金がかかって自分の生活が圧迫する。なんとかいい方法はなかったものかと…
    お母様が無念です。
  • 事件の詳細はわからない。
    しかし、介護というのはまず精神がやられてくると思う。
    この手の事件は今後はさらに増える一方だと思います。
  • とにかく抱えこまないで
    行政や市、区は高齢者がいるお宅への手助けプロジェクトを数が多くて一気には無理でも少しでもこう言う事件を減らすために。お願いします

引用元:Yahooニュース

介護疲れに対する同情や、行政機関の援助を求める意見が多くあります。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

杉浦秀樹容疑者の母親傷害事件についてまとめてみました。

介護疲れが要因ということで、非常に悲しい結末ですが、今後将来的に介護の問題に直面する方が増える一方だと思うので、何か効果的な対策がなされることに期待したいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*