山崎崇稔(やまさき たかとし)の顔画像は?ひき逃げした動機も追及!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5日、北九州市門司区でタクシーに追突してけがをさせ、そのまま逃げた疑いで、山崎崇稔(やまさき たかとし)容疑者(32)が逮捕されました。

今回は山崎崇稔容疑者の顔画像や、ひき逃げをした動機、現場の交差点を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

ひき逃げ事件の概要

引用元:九州朝日放送

今回のひき逃げ事件の概要です。

北九州市小倉北区の会社員山崎崇稔容疑者(32)は北九州市門司区で10月、普通乗用車でタクシーに追突してけがをさせ、そのまま逃げた疑いがもたれています。タクシーの運転手は首や腰などを捻挫するけがをし、乗客の2人に、けがはありませんでした。

引用元:九州朝日放送

10月に起こった事故ですね。なぜ逮捕に至ったのでしょうか?

要因は

被害にあった運転手が車のナンバーや特徴を覚えていて、警察がドライブレコーダーなどを解析し12月5日の逮捕となりました。

引用元:九州朝日放送

ということで、被害にあったタクシー運転手の証言と、ドライブレコーダーの映像が証拠となったようです。

最近はドライブレコーダーを装着する車が増えていますが、事故やいたずらなどの被害にあったときに、自分を守るための証拠となるので、付けておくのが良いですね。

現在山崎容疑者は

「ブレーキを踏んでいてぶつかっていなかった」

と容疑を否認しています。

 

山崎容疑者のプロフィール

引用元:九州朝日放送

山崎容疑者の情報です。

名前山崎崇稔
(やまさき たかとし)
年齢32歳
職業会社員
住所福岡県北九州市小倉北区

北九州市小倉北区はこちらです。

 

山崎容疑者の顔画像

山崎容疑者の顔画像については、報道されておらず確認することはできませんでした。

またSNS等でも、本人と断定できるアカウントは見つかりませんでした。

今後新しい情報が分かり次第、更新したいと思います。

 

ひき逃げの動機は?

なぜ、追突した後逃げてしまったのでしょうか?

動機については現在捜査中であり、容疑を否認していることから、まだ判明していませんでした。

分かり次第、加筆していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

事故現場の交差点の場所

事故が起こった交差点は、北九州市門司区東新町の西門司小学校前の交差点です。

 

ひき逃げの心理

次に、事故を起こして逃げてしまうひき逃げ事件が多く発生していますが、なぜ事故後逃げてしますのでしょうか。ひき逃げの心理について見ていきたいと思います。

 

1.パニックに陥る

まず一つ目は、事故を起こしたことでパニック状態に陥り、その場から逃げ出してしまうものです。

事故直後、何をしていいか分からず、冷静な判断が出来ないまま本能的に逃げてしまうということが考えられます。

 

2.罪に問われるのが怖い

事故を起こしたことで、罪に問われるのが怖くなって逃げてしまうパターンです。逃げてバレなければ、何事もなかったことに出来るという現実逃避の気持ちも芽生えます。

しかし、事故を起こして逃げてしまうと、救護義務違反となりさらに罪が重くなってしまいます。事故を起こした場合はすぐに警察と必要があれば救急に連絡をしましょう。

 

主な心理はこの2つだと考えられます。

ひき逃げは重大な過失となりますので、事故を起こしても逃げずに速やかに警察等に連絡をしましょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は北九州市で起こったひき逃げ事件についてまとめてみました。

万が一事故を起こしてしまったときは、焦ってパニックになってしまうかもしれませんが、その場から離れすに適切な対処をしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*